池袋母子死亡事故 初公判について

更新日:2021年8月23日


これは、ケルト十字法で、松永さん遺族の方々の今後を占ったものです。


結果、ペンタクル10ですので、

現実に伴った成功、満足のいった状態が見えており、

その下のカードの審判は

松永さん遺族の方々の今後流れとして

確率的に一番に引き寄せやすいものとして出ています。


審判は、

過去になし得なかったことがなされるもの。

一度諦めかけたようなもの、

終わってしまったものなどの

復活、再現です。



キーカードとしてワンドのペイジが出ていますので、

私は、良いメッセージとして受け取りました。

ですので、今後

結果的に、

松永さんご遺族は

ソード1の必ずやり遂げるという強い意志もあり、

裁判で納得いくものが得られる可能性が高いと言えます。


未来のカードに、ペンタクル9のカードがでており

これは、願いが叶うという意味でもあります。


現状女教皇のリバースですので、

冷静さを失い

非常に精神的にも不安定になられている様子です。


無理もありません。


真菜さん、莉子ちゃんがいない今、

真菜さんの親御様にしても、

被告の言葉や

弁護側は「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」と無罪を主張


についても、どんなにかやりきれないお気持ちだったことでしょう。


私は、個人的にではありますが、

松永さんご一家皆さま方のお心が必ず報いられる時が来ることを

強く願っています。


報いられても、

真菜さん、莉子ちゃんが帰ってこられるわけでは無いのですが、

ご遺族の悲しみを

本当に『深くおわびされる』のでしたら、

ご自分のなさった現実に対して、

相応しいお言葉を発せられるべきなのではないかと

思います。


それによって本当の意味で、

ご自分も

松永さんご遺族も

報いられるのではないかと思うのですね。



ご遺族も、謝って欲しいわけではないのですよ。

謝てもらっても、何にもならないのは

分かっておられるのです。

しかし、被告が認めないという

そのような態度では、

被告に対して、

持つべきでない感情が沸き上がり、

押さえられなくなって

むなしさと、悲しみが増すのです。


亡くされた大切な家族の命を

何と思っておられるのか・・・。






















これは、被告の今後の流れです。


彼の状態はソードのナイトリバースです。

これは、彼の態度、客観的な状態ですが、


無責任な行動、

非情な感じ

人を理解しようとしない

自分都合で人を振り回す

などまたは、卑怯という意味も含みます。


現状としては

カップ8のリバースが出ており、

このカードの深い意味としては、


そこから得られるものは、もうないもないとわかっていつつそこにしがみつこうとする


という意味を含んでいます。

諦めるのはまだ早いという気持ちを持っておられるようです。

負け試合という風に解釈されるかたもおられるようですが。


潜在意識では、死神のリバースですので、


踏ん切りがつかないという状況のようですね。


顕在意識では、ペンタクル2のリバースですので、

彼が意識していることに、

自分を偽っていること、

はっきり 出ています。


彼の周囲には、

ソードのクイーンということですので、

真実の追求です。

然るべき判断を下すために

動く人々がいるということのようですね。


結果的にペンタクル4リバースですので、

彼が抱えて守っているもの、

すべて手放す方向へ向かうというように見えています。

キーカードとしては、

皇帝ですので、

相手に誠意をみせること

という

メッセージが強く出ています。


どうか、

松永さんご家族に、

旦那様に、

心の平安が訪れますように。


正しい判断がなされますことを、

心から願っています。


AYUKO






閲覧数:21回0件のコメント